福島市医師会 公式サイト

福島市医師会

トップページ > 2016 > 1月

第8回ふくしま市民フォーラム 開催のお知らせ

日本人の死亡率の第1位は、男女とも悪性新生物いわゆる「がん」によるものです。国は、がん対策として、早期発見早期治療を目的にした住民がん検診の推進とともに「がん登録」事業が始まりました。がん登録とは、毎年どのぐらいの人ががんで亡くなっているか(死亡数)、毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数)、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)、といったがんの統計情報は、国や地域のだん対策を立案したり評価したりするもので、今後のがん対策のためのとても重要な資料となっていきます。
今回は「がん登録」とは何か、また、今、福島市で行われているがん検診とがん登録の関係について皆さんと考えていきましょう。

<開催日>平成28年2月11日(木)建国記念の日 午後1時30分~4時
<場所>福島県文化センター 小ホール 福島市春日町5-54
<基調講演>なぜ今さらがん登録?
福島県立医科大学 腫瘍内科学講座 主任教授 臨床腫瘍センター 部長 佐治 重衡 先生
<シンポジウム>福島市民がん検診の実施状況と今後

詳細はこちら

掲載日:2016-01-18

このページの先頭へ