福島市医師会 公式サイト

福島市医師会

トップページ > 2019年

2019年度第3回福島市ICLSコースを開催!

2019年度第3回福島市ICLSコースを開催!

開催場所:大原綜合病院5階講堂
コースディレクター/インストラクター:谷川攻一(ふたば医療センター長兼附属病院長)
ディレクター/インストラクター:石橋敏幸(大原綜合病院 院長代行)
インストラクター:三澤友誉(大原綜合病院 整形外科)
インストラクター:石井裕也(大原綜合病院 HCU師長)

令和元年11月10日(日)9:00~17:00 大原綜合病院にて2019年度第3回福島市ICLSコースを開催しました。福島赤十字病院(研修医1名, 看護師2名)、済生会福島総合病院(看護師4名)、大原綜合病院(研修医3名, 看護師3名, 助産師1名)、伊達消防本部2名 合計16名の受講生でした。インストラクターを目指す研修医や蘇生チーム看護師は、受講生と同様の真剣さをもって臨んでいました。3チームに分かれ「突然の心停止に対する最初の10分間の対応」の急性循環器疾患を契機にした心停止のシナリオを一緒に学び、初めは頭が真っ白になっていた受講生が修了時には素晴らしいチームワークで救急蘇生法をこなせるようになれるのが、ICLSコースの特徴です。また、コースをとおして医師, 看護師, 救急救命士および市内病院間・救急隊との情報共有できることもICLSコースの別のいいところでもあります。コース終了後、急変の際、医師の指示待ちではなく、自分たちが率先して助けることができることを学ぶことができましたと看護師さんたちが感想発表していました。この言葉を聞いただけで、コースを開催し続ける苦労が吹っ飛んでしまいます。

日本救急医学会認定のICLSコース修了証を受け取り、1日間のコースは楽しく終了しました。この修了証は看護師さん、研修医にとっては大切なキャリアアップになります! 福島市、県北の救急蘇生の輪をさらにひろげていきましょう。次回の開催は2月16日(日)になります。

写真

第16回県北糖尿病週間記念行事「市民公開講座」開催のお知らせ

<日時>令和元年11月10日(日)午後1時00分開始
<場所>福島県医師会館 1階大会議室(福島市新町4番22号)
※駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用にご協力お願いします。

<講演>「福島は肥満県~福島県における健康寿命の課題と糖尿病患者の臨床像~」
福島県立医科大学医学部 糖尿病・内分泌・代謝内科学講座 講師 待井 典剛 先生

<その他>入場無料

詳しくはこちら

第8回 市民文化講演会 開催のお知らせ

<日時>令和元年10月26日(土)午後4時00分~5時40分(開場:午後3時30分)
<場所>福島市保健福祉センター 5階大会議室
※駐車場に限りがございますので、公共交通機関のご利用にご協力ください。

<講演>「福島県立美術館のコレクションから―ワイエスとベン・シャーン―」
福島県立美術館 学芸課長 荒木 康子 先生

<対象>一般市民、学生・生徒、保健医療福祉関係者
<定員>100名(先着順)定員となり次第締め切らせていただきます。
<その他>入場無料
<申込方法>チラシの裏面(FAX)又ははがき(1人1枚)、電話のいずれかでお申し込みください。
<申込先>TEL:024-534-2290

詳しくはこちら

第8回 介護予防講演会 開催のお知らせ

<日時>令和元年10月20日(日)午後2時から
<場所>コラッセふくしま 4階 多目的ホール(三河南町1-20)

<講演>「時間栄養学で健康増進」
早稲田大学先進理工学部 電気・情報生命工学化 教授 柴田 重信 先生

<対象>一般市民
<定員>100名程度
<その他>入場無料
<申込方法>チラシの裏面(FAX)又は電話にてお申込みください。
<申込先>TEL:024-534-2290

詳しくはこちら

第32回 ふくしま市民すこやか講演会 開催のお知らせ

<日時>令和元年10月19日(土)午後1時30分~3時30分
<場所>福島市保健福祉センター 5階大会議室
※駐車場に限りがございますので、公共交通機関のご利用にご協力ください。

<講演1>「高齢者の誤嚥や食物窒息の対応」
大原綜合病院 副院長 鹿野 真人 先生

<講演2>「福島市の救急業務の現状と救急車の適正利用」
福島市消防本部 救急課 課長補佐 三浦 将信 様

<講習>自動体外式除細動器(AED)の取り扱いと心肺蘇生の実技指導
福島市消防本部 救命救急士

<対象>一般市民
<定員>100名程度(参加希望される方は、福島市医師会へご連絡ください。)当日参加も可。
<その他>入場無料
<申込先>TEL:024-534-2290

詳しくはこちら

福島市医師会長の挨拶

2017-02 岡野 誠 先生(福島県医師会より) -身近な医師- 岡野 誠

本市は、福島県中通り地方の北部にあり、西に奧羽山脈、東に信達盆地と一級河川の阿武隈川、中央に散策に好適な信夫山(標高275m) が位置し、これを取り巻くように市街地が広がっています。市街地の中央を東北・山形新幹線、東北縦貫自動車道、4号、13号、113号、115号の国道が延びています。落ち着いた県庁所在地、英知結集の学園都市(県立医科大学、国立大学、私立大学等)でもあり、緑あふれる豊かな街づくりに28万3千総市民が一体となって取り組んでいます。

(一社)福島市医師会は、街の中央、信夫山の南に平成10年10月に新築完成した福島市保健福祉センター(地上5階、地下1階建)に移転し、ここを活動の拠点として、医療機関相互の連携、さらに行政や関連団体、市民との連携に、会員550名余りが日夜精励しています。

会員、住民の求める医療情報を把握し、わかりやすい情報発信に努力して参りますので、お気軽にご意見、ご要望等をお寄せ下さい。
お待ちしております。

2019年度第2回福島市ICLSコースを開催!

2019年度第2回福島市ICLSコースを開催!

開催場所:大原綜合病院5階講堂
コースディレクター/インストラクター:谷川攻一(ふたば医療センター長兼附属病院長)
ディレクター/インストラクター:石橋敏幸(大原綜合病院 院長代行)
インストラクター:石井裕也(大原綜合病院 HCU師長)
 

令和元年8月11日(日)9:00~17:00 大原綜合病院にて2019年度第2回福島市ICLSコースを開催しました。福島赤十字病院(看護師1名)、済生会福島総合病院(看護師4名)、大原綜合病院(研修医4名, 看護師3名)合計12名の受講生でした。2チームに分かれ「突然の心停止に対する最初の10分間の対応」の急性循環器疾患を契機にした心停止のシナリオを一緒に学び合いました。また、コースをとおして医師・看護師間および市内3病院間での情報共有したことは有意義であったと思います。初めは頭が真っ白になっていた受講生が修了時には素晴らしいチームワークで救急蘇生法をこなせるようになり、1日で劇的な学習成果をあげることができるのが、ICLSコースの特徴です。修了後に、明日から自信をもって実践に移していきます、病棟での急変に対応できる自分になりたい、との感想がありました。日本救急医学会認定のICLSコース修了証を受け取り、1日間のコースは楽しく終了しました。この修了証は看護師さん、研修医にとっては大切なキャリアアップになります! また、アシスタントとしていつでも参加可能です。福島市、県北の救急蘇生の輪をさらにひろげていきましょう。次回の開催は11月17日(日)になります。

写真①

令和元年度 お盆期間中における医療機関の診療状況

お盆期間中における福島市医師会の医療機関の診療状況を調査いたしました。
都合により急遽変更になる場合がありますので、受診される場合は念のため医療機関にお問い合わせください。

令和元年8月13日(火)
令和元年8月14日(水)
令和元年8月15日(木)
令和元年8月16日(金)

※エクセル版はこちらをクリックしてください。

<参考>
・一般社団法人福島薬剤師会
令和元年度保険調剤薬局の夏期休暇表

ふくしま医療情報ネット
>救急、夜間・休日に受診できる病院・診療所、助産所、小児科、 当番医などを検索できます。
>>※医療情報ネットとは?(厚生労働省のホームページへ)

掲載日:令和元年8月1日

保護中: 令和元年度 福島市予防接種各種様式について

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2019年度第1回福島市ICLSコースを開催!

2019年度第1回福島市ICLSコースを開催!
開催場所:大原綜合病院5階講堂
コースディレクター/インストラクター:石橋敏幸(大原綜合病院 副院長)
ディレクター/インストラクター:谷川攻一(ふたば医療センター長兼附属病院長)
インストラクター:石井裕也(大原綜合病院 HCU師長)宮崎博之(福島県立医科大学 ICU看護主任)

令和元年5月19日(日)9:00~17:00 大原綜合病院にて2019年度第1回福島市ICLSコースを開催しました。福島赤十字病院(研修医3名, 看護師2名)、済生会福島総合病院(看護師3名)、わたり病院(看護師1名)、大原綜合病院(歯科医師1名, 看護師5名)、伊達消防本部救急隊員2名の合計17名の受講生で開催となりました。3チームに分かれ「突然の心停止に対する最初の10分間の対応」の救急蘇生を学び合いました。生命にかかわる循環器・脳疾患患者さんの救急医療に関して県北の広域化協定が調印され6月1日に実施されるに当たり、福島市内の医療機関と伊達消防本部のスタッフが急性循環器疾患を契機にした心停止のシナリオを一緒に学び当てたことは意義深いことです。また、コースをとおして職種間や施設間での情報共有をしたことも有意義であったと思います。初めは頭が真っ白になっていた受講生が修了時には素晴らしいチームワークで蘇生法をこなせるようになっていました。1日で劇的な学習成果をあげることができるのが、このICLSコースの特徴です。受講者の感想発表では、今まで自信がありませんでしたが明日から実践に移していきます、救える命を救っていける自分になりたい、との話が印象的でした。日本救急医学会認定のICLSコース修了証を受け取り、1日間のコースは楽しく終了しました。この修了証は看護師さん、研修医にとっては大切なキャリアアップになります! 福島市、県北の救急蘇生の輪をさらにひろげていきましょう。次回の開催は8月11日(日)になります。

写真①写真②

 

このページの先頭へ