福島市医師会 公式サイト

福島市医師会

トップページ > お知らせ

生活習慣病重症化予防研修会(医療従事者向け)

▼生活習慣病重症化予防研修会

日 時:02月15日(水) 19:00~20:30
会 場:ハイブリット 福島県医師会館 1階大会議室
申込先:福島市医師会事務局  FAX:024-534-2291
PDF

更新日:2023年2月6日

主治医意見書研修会 YouTube配信

本研修会視聴は、医師のみとなっており、アクセスするためにはパスワード入力が必要ですのでご了承願います。

こちらをクリック ⇒ 視聴ページ

配信期間 令和5年2月1日(水)~2月28日(火)

福島市臨床研修”NOW”プロジェクト 第4回Webセミナー配信

福島市臨床研修”NOW”プロジェクトにて、第4回Webセミナーを開催いたしました。

開催日: 令和4年8月28日(日)9:30~
テーマ: 「新型コロナウイルス感染症の最前線を学ぶ」
講 師: 埼玉医科大学医学部 国際医療センター
感染症科・感染制御科 教授 関 雅文 先生

セミナーの動画視聴希望者はこちらからご連絡ください。→ 申込フォーム

申込後、視聴ページとパスワードをメールにてお知らせいたします。

掲載日:令和4年9月22日

令和04年度 お盆期間中における医療機関の診療状況

お盆期間中における福島市医師会の医療機関の診療状況を調査いたしました。
都合により急遽変更になる場合がありますので、受診される場合は念のため医療機関にお問い合わせください。

【総括】
PDF エクセル

【日別】
令和4年8月13日(土)
令和4年8月14日(日)
令和4年8月15日(月)
令和4年8月16日(火)
その他

<参考>
・一般社団法人福島薬剤師会
令和4年度保険調剤薬局の夏期休暇表

ふくしま医療情報ネット
>救急、夜間・休日に受診できる病院・診療所、助産所、小児科、 当番医などを検索できます。
>>※医療情報ネットとは?(厚生労働省のホームページへ)

掲載日:令和4年8月5日

2021年度第4回福島市ICLSコースを開催!

開催場所:大原綜合病院5階講堂
コースディレクター:石橋敏幸(大原医療センター院長, 福島市臨床研修NOWプロジェクト代表)
インストラクター:渡部朋幸(わたり病院副院長)石井裕也 (大原綜合病院HCU師長),
野地享平(大原綜合病院HCU看護師)

新年令和4年がはじまりました。福島市ICLSコースは本年も定期的に開催して参ります。

ICLSコースは日本救急医学会認定の二次救命処置コースで救急医療の現場に直結します。福島市は本コースを全面的にバックアップし、福島市医師会の主催で開催されています。

今回、令和4年1月9日(日)8:30~16:30、大原綜合病院にて福島市臨床研修NOW 3病院の看護師を対象に福島市医師会主催2021年度第4回福島市ICLSコースを開催致しました。福島赤十字病院看護師2名、大原綜合病院看護師6名、わたり病院2名、大原医療センター看護師1名、清水病院1名の合計12名の看護師さんが受講しました。本コースの指導スタッフとして上記インストラクターに加えて、BLSインストラクターの福島赤十字病院看護師1名・大原綜合病院看護師3名、大原綜合病院研修医1名の皆さんにもご協力をいただきコースが運営されました。

「突然の心停止に対する最初の10分間の対応」の心停止を実戦に即したチームワークで救急蘇生法をこなせるようになれるのが、ICLSコースの特徴です。医師の行う行為も含まれていますが、看護師さんが法的に施行可能なAEDを使用したコースにアレンジし、救命の10分間を自身が手を下さなくても医師を含めた医療スタッフをリードできる看護師の育成を目指しています。

朝8時30分に始まったコースは夕方終了し、受講生は日本救急医学会認定のICLSコース修了証を受け取り終了しました。ICLSコース修了証は生涯有効で、看護師のキャリアアップにもつながります。今回受講の皆さんには福島市救急医療の主体者として活躍していただきたいと思います。

掲載日:令和4年1月14日

2021年度第3回福島市ICLSコースを開催!

2021年度第3回福島市ICLSコースを開催!

開催場所:大原綜合病院5階講堂

コースディレクター:石橋敏幸(大原医療センター院長, 福島市臨床研修NOWプロジェクト代表)

インストラクター:石井裕也 (大原綜合病院HCU師長),  野地享平(大原綜合病院HCU看護師)

遠藤緒理江(太田西ノ内救急救命センター看護師)

 

新型コロナウイルス感染下の状況でも感染防止対策を充分に行い福島市ICLSコースは開催しております。ICLSコースは日本救急医学会認定の二次救命処置コースで救急医療の現場に直結し、コース終了後に生涯有効な修了証が授与されます。福島市は本コースを全面的にバックアップし、福島市医師会の主催で開催されています。全国でも市医師会主催のICLSコース開催は極めて珍しいことです。福島市臨床研修”NOW”プロジェクトの活動が正式に開始された翌年の平成27年から本コースは開催され、福島市の多くの医療スタッフが受講しています。

今回、令和3年11月23日(火, 祝日)8:30~16:30、大原綜合病院にて福島市臨床研修NOW 3病院の看護師を対象に福島市医師会主催2021年度第3回福島市ICLSコースを開催致しました。今回の受講生は、福島赤十字病院看護師3名、大原綜合病院看護師7名、大原医療センター看護師1名でした。本コースの指導スタッフとして上記インストラクターに加えて、菅藤賢治大原綜合病院総合診療科主任部長、BLSインストラクターの福島赤十字病院看護師1名・大原綜合病院の看護師2名、大原綜合病院研修医2名の皆さんにもご協力をいただきコースが運営されました。受講生数にほぼ匹敵する豊富なスタッフで講習が行われるのもICLSコースの特徴です。

「突然の心停止に対する最初の10分間の対応」の心停止を実戦に即したチームワークで救急蘇生法をこなせるようになれるのが、ICLSコースの特徴です。医師の行う行為も含まれていますが、看護師さんが法的に施行可能なAEDを使用したコースにアレンジし、救命の10分間を自身が手を下さなくても医師を含めた医療スタッフをリードできる看護師の育成を目指しています。

朝8時30分に始まったコースは夕方終了し、参加者は充実感をもって日本救急医学会認定のICLSコース修了証を受け取り、コースは無事終了しました。今回受講の看護師さんの皆さんにはコロナ感染にも対応できる救急蘇生を明日からの診療に生かし、福島市救急医療の主体者として活躍していただきたいと思います。

IMG_8497

掲載日:令和3年12月2日

第33回 ふくしま市民すこやか講演会 開催のご案内

例年、市民の方々へ健康に関しての情報をお届けするため、福島市と当会との共催で開催
しているふくしま市民すこやか講演会ですが、今年度は、新型コロナ感染予防の観点から、
以下の内容によるYouTubeでの配信となりました。

配信まで、しばらくお待ちください。
配信期間:令和4年1月11日(火)~令和4年1月25日(火)

内容:【テーマ】コロナ禍における感染症対策
演題・講師:
 1、「健康に暮らすための工夫のひとつ」~予防接種の大切さ~
     いちかわクリニック 市川陽子先生
 2、「子宮頚がんとワクチン」
     西口クリニック婦人科 野口まゆみ先生
 3、「コロナ禍における心肺蘇生法」 福島市 動画  (5分)
 4、「密着救急隊の一日」 福島市 動画  (30分)

掲載日:令和3年11月11日

令和03年度 お盆期間中における医療機関の診療状況

お盆期間中における福島市医師会の医療機関の診療状況を調査いたしました。
都合により急遽変更になる場合がありますので、受診される場合は念のため医療機関にお問い合わせください。

令和3年8月13日(金)
令和3年8月14日(土)
令和3年8月15日(日)
令和3年8月16日(月)

※エクセル版はこちらをクリックしてください。

<参考>
・一般社団法人福島薬剤師会
令和3年度保険調剤薬局の夏期休暇表

ふくしま医療情報ネット
>救急、夜間・休日に受診できる病院・診療所、助産所、小児科、 当番医などを検索できます。
>>※医療情報ネットとは?(厚生労働省のホームページへ)

掲載日:令和3年7月31日

2021年度第1回・2回福島市ICLSコースを開催!

2021年度第1回・2回福島市ICLSコースを開催!

開催場所:大原綜合病院5階講堂

コースディレクター:石橋敏幸(大原医療センター院長, 福島市臨床研修NOWプロジェクト代表)

インストラクター:渡部朋幸(わたり病院副院長)石井裕也(大原綜合病院HCU師長)

野地享平(大原綜合病院HCU看護師)遠藤緒理江(太田西ノ内救急救命センター看護師)

 

新型コロナウイルス感染の影響で救急蘇生コースの開催が困難な状況のなか感染防止対策を充分に行い、令和3年7月3日(土)8:30~16:30、7月24日(土)8:30~16:30大原綜合病院にて研修医を対象に福島市医師会主催2021年度第1回、第2回福島市ICLSコースを開催致しました。今回の受講生は、令和元年6月に締結施行された伊達・福島の広域救急協定もあり、福島市臨床研修NOWプロジェクト3病院に加えて公立藤田総合病院の1年次研修医の皆さんが中心です。福島赤十字病院研修医8名、大原綜合病院研修医8名、わたり病院研修医2名、公立藤田総合病院研修医3名、研修医合計23名と大原医療センター理学療法士1名でした。本コースの指導スタッフとして上記インストラクターに加えて、菅藤賢治大原綜合病院総合診療科主任部長、BLSインストラクターの大原綜合病院の看護師4名の皆さんもご協力をいただきコースが運営されました。

福島市内の二次救急医療において、研修医がファーストタッチで二次救急搬送患者の対応にあたっています。研修医にとって一次救命処置に加えて二次救命処置の習得は日必須項目です。新型コロナウイルス感染のためACLSコースがまだ開催されていない状況にあって、二次救命処置コースである日本救急医学会認定のICLSコースを研修医の皆さんが受講できたことは救急医療の現場に直結する観点から重要です。

「突然の心停止に対する最初の10分間の対応」の心停止を実戦に即したチームワークで救急蘇生法をこなせるようになれるのが、ICLSコースの特徴です。今回は、新型コロナ感染のエアロゾル拡散に対する感染防御を念頭に置いたコースになり、胸骨圧迫時にはN95マスクを使用し想像以上の疲労感も味わいました。

朝8時30分に始まったコースは夕方5時まで続き、参加者は充実感をもって日本救急医学会認定のICLSコース修了証を受け取り、コースは無事終了しました。この修了証は生涯有効で参加者の大切なキャリアアップにもなります! 研修医の皆さんにはコロナ感染にも対応できる救急蘇生を明日からの診療に生かし、福島市、県北の救急医療の主体者として活躍していただきたいと思います。

第1回2021年7月3日

IMG_8387

第2回2021年7月24日

IMG_8418

 

【医療従事者の皆様へ】新型コロナウイルス感染症に関して

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報は下記リンクよりご確認下さい。

〇<内閣官房>  新型コロナウイルス感染症情報 外部リンク

〇<厚生労働省> 新型コロナウイルス感染症情報 外部リンク

〇<日本医師会> 新型コロナウイルス感染症 外部リンク

〇<福島県>   県内最新感染動向 外部リンク

〇<福島市>   新型コロナウイルス感染症関連情報 外部リンク

このページの先頭へ